ベトナムへの進出にはメリットとデメリットの双方が存在している

ベトナム進出

ベトナム進出について注意すべき点

海外で商売をすると、ほぼ間違いなく日本の商慣習との違いに戸惑ってしまうことでしょう。中にはどうしていいのか分からず、右往左往してしまうことも珍しくはありません。郷に入っては郷に従えではないですが、やはり海外へ進出すのであればそれ相応の知識や背景を頭に叩き込んでいかなければならないというわけなのでしょうね。
そのような意味においては、やはりベトナム進出に関しても注意は必要でしょう。ベトナムと言えば近年、東南アジアにおいても成長著しい国の一つですが、注意すべき点がは一つあります。それは社会主義国であるという点です。それは、正式名称である「ベトナム社会主義共和国」という名称からも窺い知ることが出来るでしょう。
こうした社会主義国は、往々にして企業間同士のやり取りが困難になるケースがあります。理由は、国家の監視や介入が多いからですね。そのような場合、袖の下になにがしかを包むということも平気で行われているわけです。もちろん公にはそのようなことは禁止されているわけですが、実態はと言えばなかなか難しかったりするんですよね。
もしも貴社でベトナム進出を検討しているのであれば、こうした可能性があるということだけは認識しておいてください。少なくても、資本主義国とは商売の進め方は異なりますからね。注意しましょう。

日本企業がベトナムへ進出するメリットとは

人件費等の削減や今後拡大が予想されるアジア市場で有利にビジネスを行うことを目的として、アジア諸国へ進出する日本企業が多く存在しています。アジア諸国を中心に考えると、中国が最も注目されていると言えますが、近年ではベトナムといった東南アジア諸国にも注目が集まっています。
ベトナムが外国の企業から注目される理由としては、人件費の安さや人口増加による今後の市場拡大が大きな理由として挙げられています。また日本の場合だと、ベトナムが親日であるという理由から海外の拠点として選ぶという背景もあるようです。特に日本の場合、海外拠点での利益を安定化させるために、外交等でたびたびリスクが発生するおそれが大きい中国だけではなく、他の拠点を作っておこうという考え方があります。
他のアジア諸国ではなくベトナムに進出するメリットとしては、ベトナムの国民性や識字率の高さ、若者の人口比率が多いことが挙げられます。情報リテラシーに対する認識や技術力の高さが評価されており、安価な労働力に対して質の高い人材を確保できるという魅力があるようです。また、コーヒー等の農業に関する資源が豊富なため物価も安く、自由貿易も盛んになっているため外国企業が進出しやすい環境が整いつつあります。

ベトナム進出で重要な人材確保の問題

ベトナムに進出する企業が増えてきていますが、製造業を主として工業団地などに工場を建設し、現地では多くのベトナム人を雇用することで、その地域を活性化することもできるし、日本企業としては、低い人件費のメリットを活かしてコストの削減をすることができるのです。日本にとってもベトナムにとってもメリットが大きい取引となるわけですが、問題なのが人材の確保ということになります。
どれほど魅力的な海外進出であったとしても、それをスムーズに進めるだけの人材を見つけることができなければ、ベトナム進出は上手くいきません。その点で必要なのは、ベトナム人でかつ日本語に堪能な人を探すということになります。それは日本にいるベトナム人を採用していくから始まり、ベトナムの現地ではその人が責任者となって、人材を確保していくという流れになるかもしれません。
そうしたベトナム人を見つけるためには訪日留学生などが対象になっていきますが、まずはそうした支援をしてくれる業者に相談を持ち掛けて、できるだけ信頼できるベトナム人を雇用できるようにサポートをしてもらうことは必須のことです。それができない限り、ベトナム進出は頓挫してしまう可能性があり、人材確保の目処を立てるべきなのです。


ベトナムへ進出したいならこちらをご覧ください。ベトナムの発展ぶりを考えると、進出を考えるのはとても重要だと思います。ぜひベトナムへの進出を前向きに検討してみてください。

NOTICE

ベトナム進出について

電球

これからベトナムに進出しようと思っている企業も多いかと思います。ですが、当然ですがベ…

»readmore

ベトナム進出のメリットとデメリット

グラフ

日経企業がどんどんベトナム等に進出を行っています。今後も日本から海外へと進出を行って…

»readmore

ベトナムに進出することは自然な流れです

ペン

多くの日本企業がベトナム進出を真剣に考慮するようになっています。チャイナリスクが出て…

»readmore

ベトナム進出で初期投資費用を抑える

電卓

ベトナム進出がどうしても必要と判断するときに、必要になるのがお金であり、初期投資はか…

»readmore

TOP