ベトナムへの進出にはメリットとデメリットの双方が存在している

ベトナム進出

ベトナムに進出することは自然な流れです

ペン

多くの日本企業がベトナム進出を真剣に考慮するようになっています。チャイナリスクが出てきて、人件費が高騰していること、そしてベトナムはその点での人件費の安さという特徴があることやインフラが整備されてきていること、そしてベトナムという国自体がとても親日国家であるのでやりやすいのです。またそれだけではなく、ベトナム人は勤勉でよく働くという傾向があり、それは日本人の精神と似ている部分があります。
れでそのような労働力は確かに魅力ですし、ベトナム経済そのものが大きく成長していることや、人口が急激に増えているということでこれから期待にもてる地域であるということを挙げることができます。ベトナムに進出することで価格競争力をつけて、他国との争いにおいて有利に立ちたいという思いもあることでしょう。
いろいろな意味で日本がベトナム進出に投資するというのは自然な流れであり、日本の市場が縮小していくことが確実な状況では、海外に活路を見いだすのは当然のことなのです。その最有力候補地になるのがベトナムであり、そこを拠点にできると、タイやカンボジアやマレーシアといった近隣諸国にも輸出ができるようになり、企業として成長していくことができるのです。

NOTICE

ベトナム進出について

電球

これからベトナムに進出しようと思っている企業も多いかと思います。ですが、当然ですがベ…

»readmore

ベトナム進出のメリットとデメリット

グラフ

日経企業がどんどんベトナム等に進出を行っています。今後も日本から海外へと進出を行って…

»readmore

ベトナムに進出することは自然な流れです

ペン

多くの日本企業がベトナム進出を真剣に考慮するようになっています。チャイナリスクが出て…

»readmore

ベトナム進出で初期投資費用を抑える

電卓

ベトナム進出がどうしても必要と判断するときに、必要になるのがお金であり、初期投資はか…

»readmore

TOP